肥満も原因の一つ|変形性膝関節症のリスクを減らそう

夫婦

肥満の人や女性は特に注意

膝

膝が痛くなる

変形性膝関節症は膝の軟骨がすり減るのが原因で、膝が痛くなる病気です。軟骨は関節の間に存在して潤滑油の役割をしています。軟骨があることで骨がスムーズに動きますが、すり減ってくると骨同士が直接ぶつかりあうことになるので痛みを生じるのです。ひどくなると骨が変形してしまうこともあります。特に女性になる人が多く60歳代では40%以上、80歳代では60%以上の女性が変形性膝関節症になっています。また男性でも80代ではおよそ50%近くの人に変形性膝関節症の症状が現れます。O脚の人や肥満の人はさらに変形性膝関節症になるリスクが高まります。変形性膝関節症を防ぐには膝にかかる負担を減らすことと、膝軟骨を再生させることが必要になります。

効果が高く効率的

変形性膝関節症を防いだり改善するには、脚の筋肉を鍛える事が効果的です。筋肉が骨をサポートする為、骨にかかる負担を減らせます。肥満の人は体重を減らすと効果的です。また膝軟骨を再生させるには、軟骨成分を摂取するのが効果があります。ヒアルロン酸やコンドロイチン、グルコサミンなどに軟骨を再生させる力があります。これらはフカヒレや山芋などに多く含まれていますが、変形性膝関節症を発症している場合には食事だけで痛みが取れるほどの効果を出すのは難しいと言えます。食事よりも軟骨成分が含まれている健康食品を利用した方が効率的です。健康食品では1日に必要な量を簡単に摂ることができる上、食品で摂るよりも費用も安くてすみます。また痛みを改善する効果が高い為、すでに変形性膝関節症を発症している人にも人気があります。

バランスが大切

レディ

エクオールは、更年期障害を改善することを期待されている成分です。これまでの主流はイソフラボンでしたが、体内でエクオールを作ることができない人が多かったため注目を集めています。しかし、エクオールだけを摂取すればよいわけではなく、食事や運動、ストレスを溜めないなどのバランスが大切です。

Read More

信頼性の高い血糖値

カップル

ヘモグロビンa1cは通常の血糖値のように直前までの食事の影響を受けないため、糖尿病リスクを正確に測る指標として注目されています。生活習慣を軸にサプリメントを加えていくことがヘモグロビンa1cの値を改善する方法として効果的です。

Read More

注目されている成分です

女の人

最近では、ラクトフェリンが注目されています。ラクトフェリンには免疫調節作用の他に、貧血防止作用など様々な健康効果があることが分かってきました。しかし熱や酸に弱く失活しやすい弱点もあります。そこで、腸まで行き届くように設計されたメーカーのサプリメントを活用しましょう。

Read More